名古屋・大阪の空室対策・原状回復工事ならリジェ・ラウレール

リフォーム&リノベーション事業

リフォームとリノベーションの違い

英語で言う「reform」 は「改心する、改正する」「作り直す」の意味を表す言葉。日本語の住宅関係の用語で言う「住宅リフォーム」に相当する語は本来「renovation」とか「refurbish」。
しかし、日本の住宅関係・建築関係の用語においては、和製英語として、一般的に、「リフォーム」は居室空間の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差すのに対し、英語での「renovation」の一般的な意味は「革新、刷新、修復」。
「リノベーション」は古くなった建物を新築した時点以上の状態に価値を高めることを意味します。

リフォーム

一般的に、「リフォーム」と言った場合には、老朽化した建物を新築の時点に限りなく近い状態に戻すことを差します。賃貸マンションやアパートの場合には、契約期間が終了し、それまでの入居者が退居した後に、その入居者の住む前の状態に戻すことを指す場合があり、一般的に「原状回復」と言われるのはこのことを指します。

英語で言う本来の意味に沿えば、壊れていたり、汚れていたり、老朽化したりしている部分を修理したり、きれいにしたり、新しくしたりすること。時間を経るにつれマイナスの状態になっていくものをゼロの状態に戻す機能回復ということで、例えば、外装の塗り直し、キッチンの設備の更新、壁紙や床材の張り替えなど、部分部分での対応が主なものとなります。

水周り部分、外構部分、内外装部分でのリフォームというケースが多いため、水周り専門の特約代理店系の工務店、ガスエネルギー関係の特約代理店系の工務店が個々のケースに応じてそれぞれ不具合が生じるその都度対応する場合が多く、一般の住宅などではそれぞれの部分だけを直せばいいのですが、収益物件の「原状回復」の場合は同時期に複数の業者の工事が入ることとなり、工期の面でもコストの面でも案外不経済だったりします。

リノベーション

「リノベーション」と言う場合には、基本的にすでにある建物に比較的規模の大きな工事を行うこと。新築時からの経年劣化や性能の陳腐化があったとしても、工事によって新築時点の状態よりも性能・機能を向上させたり、内装インテリアに手を加えたりして、もともとの基本的な価値を高めたりすることを指します。
マイナスの状態のものをもとのゼロの状態にするリフォームと違って、リノベーションではもとに戻した0からさらにプラスαの新たな機能や性能を加え、さらなる価値の向上を狙います。

昨今よく行われているものでは、既存の建物に対して地震などに備えての耐震工事や免震工事などを実施するなどはリノベーションの典型的な例。そのほかには、住環境を家族構成や年齢層に合わせ、例えば、間仕切りの大胆な変更により、広々としたリビングダイニングキッチンていったり、よりモダンな内外装などに更したりと、新築時以上に新たな魅力を加えアップグレードを図るなどの例があります。

特に、収益物件の場合には、斬新なリノベーションを施すことによって、毎月の家賃が引き上げられるケースもあります。部分的な対応のリフォームの場合と比べたら大規模なものでは建物全体の工事にかかってくるので、費用は多少高くつくかもしれませんが、新築時以上の価値を発揮して借り手の注目を集められれば、入居率のアップと毎月の収入アップも十分見込めるはずです。

株式会社リジェ・ラウレールの取り組み

最近では、どこまでが「リフォーム」でどこまでが「リノベーション」かの線引きがあいまいになりつつあり、特に耐震工事と合わせて水周りや壁面の手直しをという場合があったり、エアコンやセキュリティシステムの更新でこれまでにない新しい機能などが結果的に加わっていく場合などもあります。

株式会社リジェ・ラウレールのリフォーム&リノベーションの取り組みは、特定の住宅設備機器の代理店業者のように設置する機器ありきでプランを進めるのではなく、収益物件の案件ごとに不動産コンサルティング部門と連携してオーナー様の所有される収益物件に最適なプランを提案させていただきます。

システムキッチンやユニットバスの入れ替えなどの住宅設備機器の変更や修繕、壁紙の貼り替えやフローリングの貼り替えなどの小規模な工事は「リフォーム」に。間取りの変更(間仕切りの変更)、上下水道管、冷暖房・換気設備の変更など大規模な工事は「リノベーション」にと、一応、業者間での住み分け・分類はあります。

しかし、貸主さまから見て各部分ごとそれぞれの業者にそれぞれ交渉・発注するのでは、トータルでのコストが膨らんでしまいがちだし、スケジュールもままならず、意外に長引くケースもあったりします。
時間がかかればそれだけ借り主の募集が遅れ収入面でのロスを生じます。
最悪の場合には例えば業者間での連携が図れず、配線・配管工事の前に床板や間仕切りをしてしまったために工事の後先が狂い、工事をやり直すようなことにもなりかねません。

その点、株式会社リジェ・ラウレールでは、商談・交渉・見積り・日程管理も全て、貸主さまそれぞれ担当のワンストップの窓口での対応となるため、トータルコストの点でもスケジュールの点でも安心。借り主の募集も早い段階から間取り・仕様・設備情報を開示して進めていただけます。

コンバージョン

これから注目される収益物件のあり方として「コンバージョン」(=用途転換)があります。少子化で廃校になった学校(過疎地だけでなく、意外と都心のビジネス街にもある例)がオフィスや福祉施設にと用途が転換されたりします。あるいは逆にオフィスビルが供給過剰となっているところでの古いビルなどでは空室率が高まる傾向にあるので、スタイリッシュなマンションに生れ替わらせるなど柔軟なプランを提案しています。

【相談無料】お気軽にご相談ください 東海エリア: 052-893-8078
関西エリア: 080-5714-4790
【受付】9:00〜19:00(平日・土曜日)

PAGETOP